愛するペットの話

愛するペットが亡くなった時

愛するペットが亡くなった時の話

愛するペットが亡くなれば受け入れがたい悲しみが襲ってきます。

辛く苦しい気持ちのなかで、 どのように対処すればよいのか 戸惑うのは当たり前の感情です。

でも、心を強く持って 対処しなければなりません。

事前に一般的な対応の仕方を 学んでおくことで、慌てずに対処することが出来ます。

春や夏など気温が高ければご遺体の腐敗が早まります。

長くそばに置きたいお気持ちは自然の感情ですが 愛するペットも亡くなればいろいろな変化が訪れます。

ご遺体の傷みはとても速いので、適切な対処が必要です。

保冷したり、ペット専用の棺袋を用意して腐敗の進行を防ぎます。

住んでいる自治体に連絡すれば引き取ってくれる場合もありますが あくまで、生活廃棄物としての扱いが多いようです。

(ご遺体をゴミ収集車で回収する場合があるそうです。)

(自治体により対応は町々ですのでご自分で確認してください)

家族同然の愛するペットのご遺体をどのように処置するかは

飼い主とご家族で充分に話し合われてお決めになった方が 後々、遺恨が残りません。

充分な安置処置を施せば、時間的な猶予が出来ますので

おつらい気持ちはわかりますが、落ち着いて対処してください。

------------------------------------------------------

愛するペットの話 色々なペットの話です。

気になるペットの話です。参考になれば幸いです。