愛するペットの話

狂犬病の話

狂犬病を知っていますか?

狂犬病は有名なのでご存知の方も多いと思いますが 狂犬病は死亡率100パーセントであり世界では一番怖い病気です。
日本では50年前には撲滅したと云われています。
でも、安心は禁物ですね。狂犬病の予防接種に関しても賛否両論があるようです。
人畜共通感染症ってご存知ですか? そう、人間と動物全てに共通の病気です。

狂犬病の症状 発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、疲労感といった風邪のような症状ではじまり、咬まれた部位の痛みや知覚異常を伴います。
興奮や不安状態、錯乱・幻覚、攻撃的状態、水を怖がるなどの脳炎症状を呈し、最終的には昏睡から呼吸停止で死亡します。 発症するとほぼ100%死亡する危険な病気です。
特にこの病気の中でも狂犬病はもっとも危険な感染病です。

そして、さらに怖いのはこの狂犬病は発症するまで感染の有無を診断できない点です。
つまり、感染したら即座にアウトな病気です。 日本の狂犬病予防法と云う法律があり、
生後91日以上のワンちゃんに対して、お住まいの市区町村への登録義務と 予防ワクチン接種が義務づけられていますね。

狂犬病ワクチンは日本では5製品が承認されていて獣医師による健康診断とともに
狂犬病ワクチン接種出来ない条件に該当されない犬は全て予防ワクチン接種をしなければなりません。
※まずは、飼い主様が獣医師に愛犬の健康状態を申告することが、大事です。
狂犬病のワクチン接種出来ない条件ってなんでしょう?



1.ご高齢の犬か明らかな栄養障害
2.ほかの薬剤の導入または移動されて間がない
3.疾病の治療継続中か治療して間がない
4.発熱・下痢・咳や重度の皮膚疾患等の臨床異常を獣医が認めるもの
5.交配後すぐや分娩前後
6.てんかんの様な症状が1年以内にある
7.飼い主の制止も効かないほど極度の興奮状態で沈静化が認められないなどの条件が
あてはまる場合は獣医師と相談の上で狂犬病ワクチン接種は出来ないそうです。

ワクチン接種後は安静と経過観察が必要ですので一日中ワンちゃんといられる日を選んで
出来るだけ午前中に接種を済ませることが大事だそうです。
ワクチン接種によって、健康な犬でも副作用が出る場合があるようです。

特に過敏な体質の場合は
アレルギー反応・アナフラシキー反応・じんましん、虚脱反応 貧血や血圧低下、
呼吸困難、 体温低下、震え、ケイレン、尿失禁などの反応があるようです。

一過性の副作用反応の場合は
食慾不振・下痢・嘔吐などが出る場合があります。

副作用をご心配の場合は集合注射を利用せず、かかりつけの動物病院での接種がお勧めです。
取り合えず、ワクチン接種を行うときはかかりつけの動物病院でご相談した方が安心です。

※ 法律で決まっていても、動物病院の判断でワクチン接種により生命の危険がある場合は
動物病院から「予防注射実施猶予証明書」を発行してもらい、各市区町村へ提出してください。

------------------------------------------------------

愛するペットの話 色々なペットの話です。

気になるペットの話です。参考になれば幸いです。 各項目のハートをクリックして下さい。