愛するペットの話

ドッグフードの知識

多様化したドッグフードの話

 犬は本来肉食動物ですが、家畜化される過程で、さまざまな物を消化する能力を身につけてきた為、
人が食べている物はたいてい何でも口にします。
でも人と同じ物を食べさせて良いわけではありません。

犬の寿命が伸びた理由の一つに、劇的な餌の進歩があげられますが
犬のライフステージごとに専用のエサが開発され、数多く市販されています。
 
幼犬には幼犬用の、成長期には成長に必要な栄養素が入ったものを、
また高齢犬には高齢犬用のエサを選んであげましょう。

※ここではドッグフードの中身については問題にしていません

-------★ライフステージに応じた食事内容を考える-----

離乳期~1歳までの幼犬期 生涯の中で最も高栄養なエサが必要がです。
歯や消化機能が未発達な間は、ドライフードの粒のサイズや硬さなどにも気を配り、
高カロリーのエサを少量づつ、回数を多くして与えましょう。

成犬期に比べて、体重あたり約2倍のエネルギー量が必要な時期です。

1~7歳までの成犬期
犬種や生活スタイルに応じた栄養バランスのよいエサを与えましょう。
犬種や生活スタイル、活動量によって、必要なエネルギー量が異なります。

小型犬は代謝率が高く、急速に成長、発育するため、体重あたりの必要エネルギー量は大型犬より多く必要です。
ショードッグはショーの期間中、20%増のエネルギー量が必要ですし、
スポーツの種類にもよりますが、競技犬では20~100%エネルギー要求量が増加します。
避妊・去勢した犬は太りやすいといわれているので注意が必要です。

7歳以上の高齢犬期
肥満に注意し、低脂肪・低カロリーのエサを与えて下さい。

6、7歳以降は基礎代謝量が低下して太りやすくなったり、消化吸収機能も衰えてくるので、
成犬期より脂肪やカロリーは控えめにしましょう。
関節炎や皮膚炎などになりやすくなるので、免疫力をアップし健康を維持するために、
加齢とともに不足しがちな栄養成分、たとえばグルコサミンやコンドロイチン、
DHA(ドコサヘキサエン酸)などを積極的に補給してあげましょう。

10歳を過ぎたら、少量でも充分な栄養が摂取できるエサを用意しましょう。
歯が抜けたり、悪くなったりするので、エサの硬さにも注意してあげましょう。

 

------------------------------------------------------

---愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律--
 

愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため、
平成21年6月1日から、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が
施行されました。 法律の対象となるのは犬及び猫用のペットフードです。
これにより、ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造、輸入又は販売は禁止されます。

消費者に対して適切かつ十分な情報を提供するために製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられます。
また、国は国内に流通するペットフードを監視し、問題が起きた時はその廃棄、回収を事業者に対して命令することができます。

愛するペットの話 色々なペットの話です。

気になるペットの話です。参考になれば幸いです。 各項目のハートをクリックして下さい。