愛する猫の種類の情報です

ためになる猫の種類情報発信を目指します。

最初のネコ科の動物が現れたのは始新世のことであり、4000万年ほど昔のことである。人間にとってもっとも身近な種であるイエネコが人間に飼われ始めたのは約10000年前からとされている。


ネコ科の種は幅広い環境に適応しており、アフリカからアジア、南北アメリカにわたって野生の個体が生息している。生育地の多くは保護されており、猟などは禁止されている。


ネコ(猫)は、狭義には食肉目ネコ科ネコ属に分類されるリビアヤマネコ(ヨーロッパヤマネコ)が家畜化されたイエネコ(家猫、Felis silvestris catus)に対する通称である。


イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして日本を含め世界中で広く飼われている。

イエネコは、以前からリビアヤマネコ(Felis silvestris lybica)が原種とされてきたが
2007年6月29日の『サイエンス』誌の発表で、イエネコの祖先は約13万1000年前に中東の砂漠などに生息していたリビアヤマネコであることが判明した。


イヌは狩猟採集民に猟犬や番犬として必要とされたが、ネコは、穀物という「一定期間の保管を要する食害を受けやすい財産」を人類が保有するようになり、財産の番人としてのネコの役割が登場したことによる。


また、伝染病を媒介する鼠を駆除は、疫病の予防にもなった。 穀物には手を出さず、それを食害する害獣、害虫のみを捕食することから、双方の利益が一致。穀物を守るネコは益獣として大切にされるようになり、やがて家畜化に繋がった。


なお、更に遡るとネコの祖先はミアキスという約6000万年前の中型肉食獣に遡る。ミアキスの特性に近いまま進化した種がネコであり、平原に出て集団狩猟を行うプロアイルルスを経て現在の姿に進化した種がイヌである。 【出典:ウィキメディア】


愛する猫の種類と平均寿命 は個体により差がありますのでご自分のペットの管理は充分にしましょう。

猫の種類